【AKA療法】を仙台でお探しの方│若林バランス整骨院 仙台

AKA(Arthrokinematic Approach)療法とは関節運動学的アプローチを意味します。

仙腸関節という骨盤を構成している仙骨と腸骨の間の関節に対してアプローチを行う療法のことです。
どこでも実施しているわけではなく、専門医のいる病院等でこの施術を受けることができます。

限られた施設でのみ受けられるという状況の背景には、仙腸関節は動かない関節という考えが、医療業界には未だ根強く残っているためです。

つまり動かないところを処置しても意味がないと考える医療従事者が多いため、AKA療法は病院においてはそれほど広まっていないわけです。
仙腸関節2

わずかでも可動性があるという事

ただメディア等で取り上げられる機会も多くなり、とくに腰痛や坐骨神経痛に効果

が出やすいということもあって、整体業界では仙腸関節が動くという事は常識とし

て捉えられていますから、「動かない」という観点で施術するのと、「動く」という観点で

施術するのとでは、後者に良い結果が出るのは至極当然だと考えます

AKAというと特別なテクニックというイメージがあり、実際に推奨団体がそういうイメージを作り上げてきた感もありますが、要は「関節運動学的アプローチ」ですから、仙腸関節の構造と機能をしっかり理解できており、その動きを感じ取れる感覚さえ持っている者であれば仙腸関節のAKA施術はできます。

テクニックだけでは意味はありません

逆にAKAの概念をあくまで決まった形のテクニックと捉えてしまい、AKA熟練者の形だけ真似て実践しているようでは良い結果は得られないでしょう。

当院のオステオパシー施術は、仙腸関節も対象にしますが、AKA療法のように仙腸関節のみを重要視するわけではありません。もっと広い視野で体をみますのでAKA療法で変化がなかった方々も多く結果を出しています。

 

 


HOME 料金 アクセス

症状別ページへ若林バランス整骨院

腰痛 椎間板ヘルニア 坐骨神経(足のしびれ) 肩・首・頭痛 自律神経 めまい