• めまいがよくおこる
  • 不眠症状 で悩んでいる
  • 全身のだるさ を感じる
  • ✔自律神経失調症だと思われる複数症状をもっている
  • ✔薬や漢方を飲んでいるが、効き目がない
  • ストレス性と言われたが良くしたい

自律神経の乱れを

\ 克服した方の声 /

自律神経失調症と病院で診断されて薬を処方されていましたが、めまいと不眠・疲労感がひどい状態でした。何か違う方法がないかと調べていた時にここの院で施術をしてもらいひと月ほどで症状がとても軽くなりました。今では症状がほとんどなくなってとても生活しやすくなりました。

(K・Y 男性 60代 男性)

※効果を保証するものではありません

小学1年生の女の子の娘が咳などの風邪の症状がでたのを機にめまいや手足の痛みも訴えたので病院にかかったけれど原因が特定できなかった。
他に良くなる方法を求めた結果「オステオパシー」に出会い病院と平行して行ったところ二ヵ月目で良くなるの兆しが見えたので親子共とても助かった。
ありがとうございました。

(匿名希望 女性)

※効果を保証するものではありません

自律神経とは??

自律神経の機能

自律神経は内臓、血管などの働き及び分泌腺を支配していて

交感神経体の緊張や運動する際に働きますが、代償として血管の収縮や免疫力の低下、炎症などにも働きます

副交感神経リラックスしているときに働いており胃腸の消化の時などに働きます。症状をよくする上では必要不可欠なもの

自律神経の乱れの一般的な原因

ストレス性仕事やプライベート上のストレスなど精神的な疲れなどから誘発されるとされています。

生活習慣の乱れ夜型の生活リズムの方など副交感神経や交感神経の働く時間がずれ込んでいる方など

ホルモンの乱れ女性は特に生理などの変化から自律神経に乱れが生じやすいとされています。

交感神経と脊柱

 

自律神経は脊柱に沿って脊柱寄りの肋骨上を走行していることで脊椎関節(背骨同士の関節)や椎肋関節(背骨と肋骨)の位置異常や柔軟性の低下による筋肉や筋膜の異常によって問題を起こします。

また椎肋関節に問題が起こると呼吸時の肋骨の働きが低下し、呼吸量の低下(いわゆる浅い呼吸)を招く事で循環の低下が起き体の自己治癒力が低下するなどの負のスパイラルに陥ることで回復が困難になっていきます。

みんな自律神経失調症?

自律神経失調症』は特別な病気ではありません。
臨床的に言えば身体に歪みがあれば、自律神経に影響を及ぼし易いとされています。
現代人はほとんどの方の体に歪みがありますから、重度・軽度の差はあれ
自律神経が乱れている状態』ともいえます。

自律神経の実際

実際には原因がよくわからない不調に対して安易に付けられてしまう病名が『自律神経失調症』です。

原因に実体がなく、『気持ちの問題』などと切り捨てられてしまうことも多々ありますが、自律神経は手足を動かす神経と同じようにちゃんと形がありますし、大まかな走行経路は皆さん共通です。

 
『形あるものなら施術によりアプローチできる』これは当然ともいえないでしょうか?

 

 

自律神経の乱れ

からくる様々な症状

めまい

体の歪みから三半規管への循環が滞り、ストレスがかかっている方もいらっしゃいます。

当院では薬が効かない方や病院で匙を投げられた方が多くいらっしゃいます。薬や病院で改善が見られなかった方は一度当院の施術・検査説明を受けられてみてください。

詳しくは⇒めまい

動悸

動悸を持っている方は解剖学的構造から心臓の周囲を囲んでいる背中や胸部の緊張がある方が多く見られます。

ただし背中や胸をもんだり押したりしてもよくはなりません。無理に行うと最悪の場合骨折などもあり得ます。専門的な技術でソフトな施術を行います。

 

慢性疲労

自律神経の乱れでの慢性疲労では姿勢が悪く呼吸が非常に浅くなっている方が多くいます
呼吸は肋骨の動きや横隔膜の動きから判断し施術を行います。

呼吸が小さくなっていると日中はもちろん睡眠中の回復力低下を招き脳への酸素供給の低下から頭が働きづらくなります。呼吸を整えると全身の血流の改善や回復力の向上にも繋がります。

 

 

 

上記3つの原因の一つ『ストレス』この中でも『肉体的なストレス』にアプローチする事で自律神経の乱れを軽減する事を目的としています。

また単なるもみほぐしやリラックス目的なものではなく、自律神経を解剖学的に考えアプローチしていきます。

 

①脊柱と肋骨

脊柱を施術する所は多いですが、脊柱と肋骨の関節を検査・施術する所はごく少数です。

非常に小さな関節ですがその分肋骨の本数分24か所にも及ぶ関節になります。

主に呼吸時や肩関節による動作の為には欠かせない関節で五十肩などの可動域障害や呼吸量の低下などに大きく関わる部位になります。

 

複数箇所で固着が起きやすく、そのまま放置すると脊柱全体が歪んで固まりやすくなります。

施術では患者さんの力を使ったものや呼吸を使った施術で正常化することで交感神経への影響を取り除いていきます。

 

②呼吸

呼吸で働く事で知られている横隔膜では上記したように肋骨と背骨の関節も重要ですがその他に骨盤隔膜、胸郭上口部などの体を上下に隔てるように存在する組織を正常化する必要があります。        

この組織たちは吸気時に足方へ呼気時に頭方へと同様の動きを行う事で呼吸を作り、また体を隔てる構造を持ち、その間を多くの血管や神経、などが走行しており構造的に非常に重要かつ問題が起こりやすい部位になります。

つまりは全身の循環を良くするためには呼吸が必要であり、正常な呼吸を行うには全身の組織が正常に働かなければいけない必要があります。

骨盤の下部にある骨盤隔膜は骨盤が正常でなければいけませんし、胸郭上口なら鎖骨や胸骨、脊柱が重要になります。

 

③全身の歪みの可能性

①、②で書いたように呼吸や脊柱、肋骨などの問題点を解決する為にはその問題を起こしている部位が本当に根本的な原因に成り得ているかをしっかりと精査する必要があります。       

脊柱や肋骨だけでなく足や腕の骨盤などの歪みや固さを検査し考察することで初めてその方の根本的な原因が見えてきます。

若林バランス整骨院では一時的に症状をよくすることではなくより良く長く健康的な状態を保てるように建設的な施術プランを作成し施術をおこなって行きます。

 

自律神経の乱れの疑いがある方に!!

まずは生活リズム・食事・姿勢など自分でも努力できる範囲を気を付けましょう。薬を飲んでいるから、サプリを飲んでいるからといってもこれを気を付けないと満足な結果は得られないでしょう!

まずはご相談から受け付けていますので気軽にご連絡ください!

以下の症状にも対応しています

  • うつ症状
  • パニック障害
  • 自律神経失調症
  • めまい
  • 咳が止まらない
  • 熱がさがらない