頭痛のお悩みありませんか?

  • こめかみが痛くなる慢性化している
  • ✔ 頭の両側または片側が痛くなる
  • ✔ 定期的に頭痛がある
  • ✔ 市販の頭痛薬が効かない
  • ✔ 頭を締め付けられるような鈍い頭痛が続いている
  • 耐えられないような頭痛に悩んでいる

頭痛とは

一般的な慢性頭痛は3つのタイプに分けられます。

緊張型頭痛

頭を締め付けられるような鈍い痛みで、数時間~数日程度続くのが反復的におきるものをいいます。

普段の生活の中での前かがみ姿勢や長時間の運転などで首や肩の筋肉が緊張し続けることで周囲の血管を圧迫し、頭への血流が悪くなることで頭痛を引き起こすとされています。

筋肉の緊張を緩めるストレッチやマッサージが有効とされていますが、誤った緩め方や自分でボキボキと関節を鳴らしたりすると逆に筋肉や神経を痛めてしまう可能性もあります。

片頭痛(偏頭痛)

こめかみの辺りが脈打つように痛み、女性に多く週1~2回や月一程度の頻度で発作的に起こります

緊張している状態から解放された時などに起きやすく、吐き気や嘔吐を伴う方も多くいらっしゃいます。
緊張状態によって収縮していた血管が解放された時などに血管が拡張して炎症を起こす事で起こります。

頭を冷やしたり、カフェインを摂取する事が有効とされています。

片頭痛は多くが循環が悪くなっている状態なので頭蓋骨と首の関節のズレや固さ、またそれを引き起こしている原因を取り除いていけば順調に良くなっていきます。

群発性頭痛

緊張性頭痛や片頭痛と比べて発症率は高くはありません。
目がえぐられるような痛み耐えがたいような痛みがあり、男性に多く1~2か月間ほぼ毎日起こります。

原因は正確には確定されていませんが目の後ろの血管が拡張することによって起こると考えられています。

頭痛への

アプローチ法

骨格のバランス

頭痛では肩首が正常である必要があります。

その多くは2次的・3次的に歪んでいるので早期かつ根本的解決を目指す為にまずは全体の歪みを把握する必要性があります

原因となっている部位は人それぞれですが末端の足から下肢・骨盤・脊柱・など骨格系の問題は重要なポイントの1つです。

頭痛だからと言って特定の部位を原因と決めつけずに柔軟に考察・施術する事で限りなくすべての原因を正常化できるように施術を行なっていきます。

筋膜バランス

頭部への循環を整える為には肩や首周囲の筋膜バランスを整える必要があります。

例えば胸部と首を隔てる鎖骨周囲の組織は神経や血管が多く、それらが通る骨や筋肉の間はスペースが狭くしばしば問題を起こします。

それらは特に力任せにマッサージしてしまうと時に痺れや、神経を痛める必要があるので注意しましょう。

専門的なテクニックで深い筋肉までしっかりと緩ませ、循環が整うように施術します。

頭蓋のリンパ循環

頭痛に関係する三叉神経大後頭神経が正常に働くためには血液やリンパの循環が良くなる必要があります。
頭蓋骨のズレや固さを整え組織の緊張を和らげることで循環が促されていきます。

頭蓋骨は無理に力を加えてしまうと症状が悪化してしまいますのでソフトに施術していきます。

 

頭痛に関する動画解説

頭痛解消の新しい選択肢を提案!

頭痛原因のサーチと施術方法解説